はじめに

地球環境技術研究所は「土を科学する」を理念に「地球上どこにでもある資源」土の可能性を常に探究・研究してきました。セメントの寿命は長くて70年、それに対し同じ石灰岩でも鍾乳石は何百年何千年と成長している。その違いを研究・解析したところ土になる過程で無機イオン成分が流出し、水によって石灰岩が溶けて炭素反応を起こすことを発見。この研究データを元に誕生したのが無機固化剤である「FC剤」です。このFC剤を使用することで土を用いた建設資材などの商品化に成功しました。

土で出来ること

土は自然由来の保水性や透水性を持ちながらあらゆる建築資材になる可能性を秘めています。ここでは過去の実績の一部を紹介します。

愛知県小牧山歩道
土舗装(歩道)
ファインプラザ駐車場
土舗装(駐車場)
庭園_地球環境
舗装+防草対策(庭園)
唐招提寺
補修(神社仏閣)
納骨堂_地球環境
土壁+天井(納骨堂)
防草対策_地球環境
防草対策(高速道路)
壁材(店舗)
壁材(個人宅)
土外溝(個人宅)

土ブロック
土ブロック3_地球環境
創作
DIY 創作
法面防草対策(高速道路)
ハードソイル(東川口駅)
土間仕上げ(公共施設)

土を使うメリット

保たれる景観性+歩行性

景観性を保ちながら、ハイヒールの女性や車椅子の方でも歩きやすい歩行性をもつことが可能です。

耐久性

土舗装もその他ありますが、弊社では固化する仕組み、固化剤「FC剤」が違います。公的機関の研究により、FC剤を使用することにより7倍の耐久性が向上する結果がでました。大阪城の舗装を手掛けて25年になりますがメンテナンスフリーとなっております。

透水性+保水性

水が浸透し水たまりになりにくく、歩行性が保たれます。また保水性があるため、特に夏場は気化熱による熱の放出が行われます。夜になっても温度が下がらず蒸し暑いという状況に効果を発揮します。

ヒートアイランド現象対策に

前述に記載した保水性により水分の気化熱により温度上昇を抑えます。また、土は照り返しも抑えるために昼間の温度上昇抑制に効果を発揮します。

高い自由度によるデザイン性

配合により色や荒さなど自由に変更することが可能です。構想にあるデザインの再現性を持ちながら、ヒートアイランド対策などの環境改善を実現します。

土の可能性

土はどこにでもある地球最大の資源であります。

今まで土は水に弱く、雨が降ると泥化してしまうため舗装や壁材として使うことは避けられてきました。

車社会となった現代では、アスファルトやコンクリートにより舗装工事している場合が多いですが、残土問題やヒートアイランド現象による様々な弊害が出てきています。

弊社では「どこにでもある土」を30年にわたり研究。「自然に即した固化」技術の開発を続けてきました。その中で「中性」「無機」の雰囲気、固化する「FC剤」が誕生しました。